検索
  • 後藤 一貴

主観と客観

みなさん、こんにちは!

名古屋市、愛知県と岐阜県、三重県の一部地域対応の出張撮影をしております。

Photograph K STYLE カメラマンの後藤です


物事にはすべて主観と客観がありますよね。

例えば美術館に行ったときに自分が感じたものと作者が表現したいことが

必ずしも合致しているとは限りませんし、

逆にその意図と反していたとしても特に芸術が分かっていないというわけでもありません。

現在に生きている人ならその真意を質すこともできるでしょうが、

過去の偉大な芸術家達に聞けるわけではありませんから。

美術の研究をしている方々がその芸術家が生きていた時代背景や他の芸術家の作品

またそれによる影響、当時流行していた技法や表現方法、

その芸術家のクセや思想などを研究してその作品に作者が込めた思いを

解釈しているので、正解に近いのでしょうが解釈は人それぞれです。


国語のテストで作者の意図を何字以内に要約せよという問題があったかと思いますが、

それも本当に正解なのか今でも疑わしく思います(笑)


写真も芸術の分野に入れてしまえば同じことが言えます。

僕はかなり主観と客観を意識しながら撮影しています。


子供の撮影をするときは、パパ・ママの気持ちになって

結婚式なら、新郎から見た新婦、新婦から見た新郎、ご両親から見た、ご友人から見た

新郎新婦から見たご両親・ご友人・・・

「このシーンは今どんな感じでその目に映っているのだろう」

と意識しつつ、

ホワイトバランスは適切か、露出は適切か構図はいいだろうかといったことを考えながら

撮影をしていきます。


自分が表現したいものだけなら主観だけでいいです。

ただ写真を仕事にするということは自分ではなく撮られる側もしくはその写真を見る方々の

心を満たすことが写真を仕事とする者の使命であると僕は考えています。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは。 名古屋市を中心に愛知、岐阜、三重で出張撮影をしています。 photograph K STYLEです。 9月24日2回目のワクチン接種をしてまいりました。 皆様に安心して撮影を楽しんでいただけるよう、引き続き感染防止対策も併せて徹底して参ります。 各種出張撮影は是非ご用命ください!

おことわりこんにちは。愛知県のフリーカメラマンPhotograph K STYLE です。 今年も七五三の撮影シーズンが始まりました! すでに撮影をいただいたお客様ありがとうございました。 これからがシーズン本番。とは言え、土日は結構ご予約が入ってきております! ありがたいことです! 七五三の撮影をお考えの方、ぜひ撮影させてください! ご予約お待ちしておりま~す! 「七五三の撮影におすすめの時間帯

こんにちは。愛知県のフリーカメラマンPhotograph K STYLE です。 photograph K STYLEでは、感染症の予防対策として、撮影前のアルコール消毒を実施しております。撮影中はマスクの着用をしておりますが、十分な距離が保てる場合はコミュニケーションのためマスクを外させていただくことがありますので、ご了承下さい。 屋外での撮影が多いので、比較的安全ではありますが、感染症予防には